髪をキレイにする情報

アディクシーカラーでつくる、オレンジ味を消す!グレージュカラー。

今回アディクシーカラーを使ってグレー系のカラーリングをしていきます。メインで使用するカラーはアディクシーカラーのシルバーです。

このカラー剤、個人的にとても気に入っています。元々の髪質でオレンジや赤みが出やすくてアッシュ系のカラーやグレイ系のカラーが出づらい方にとくに使って欲しいです。

Rukaさん
Rukaさん
いったいどのような色味になるのか!お楽しみに。

アディクシカラーのシルバーを使ってみた

わかりやすいように写真を用意しました。

モデルさんのbeforeの写真はこちら!

二か月前にカラーをしていて、退色してオレンジになっています。とにかくオレンジが出やすくて、「今まで思い通りのキレイなカラーになった事がない」とのことでした。

カラーが抜けてしまうとこのようなオレンジ系になってしまう方って多いですよね。これは日本人の髪質ですと仕方のないことなんです。でも大丈夫です。ばっちりキレイに仕上げます。

さっそくアディクシーのシルバーで染めていきます。今回は黄色味も気になったので、バイオレット系のカラーもすこし配合しました。そうすることにより、より一層グレー系の色味が濃厚に発色します。

Rukaさん
Rukaさん
仕上がりはこちらです。

Beforeをご覧ください

自然光に当たると、ここまで透明感が出ます。

ちなみに今回のモデルさんは毛先にブリーチの履歴があるので、毛先を中心により一層の透明感が出ています。オレンジ味はほぼ消えたのではないでしょうか。

ブリーチは染まりの透明感や色味を劇的に良くしますが、髪へのダメージや色持ちの悪さなどの弊害もあります。メリットデメリットをご検討の上、施術される事をおススメします。

トーンを暗めにしたグレージュカラー

ハイトーンの透明感のあるカラーも人気ですが、明るさを抑えたグレージュカラーも人気です。派手過ぎず、シックな雰囲気もつくることができますよ。

アディクシカラーのシルバーを使った8トーンのグレージュ。

まとめ

今回はアディクシーを使ったグレー系のカラーを紹介しました。イルミナカラーと組み合わせることによりさらに色味の幅が広がります。

オオカミくん
オオカミくん
まだ挑戦したことがないあなた!ぜひ、やってみてはいかがですか?
Rukaさん
Rukaさん
オレンジの強い髪質の方に特におすすめします。

今日はここまで。

渡辺タカシでした。

 

 

合わせて読みたい