髪をキレイにする情報

【ヘアアイロン初心者必見!】誰でも簡単にできる。可愛い前髪セット法。

前髪がうまくまとまらない~!という方必見です。アイロンを使ってカンタンに可愛い前髪のセットができる方法をお伝えします。

通常、熱の力でセットするのに使うのはコテと呼ばれる筒状の丸いもの(カールアイロンとも呼ばれます)と、アイロンと呼ばれる平らなもの(ストレートアイロンとも呼ばれます)に分かれます。

コテはカンタンにカールが作れるので大変便利ですが、熱のでる部分がむき出しになっているため、前髪に使うのは慣れてない方にはヤケドのリスクがあります。

コテがオデコに当たってヤケドしてしまった~なんて方が沢山いるので、初めのうちはアイロンを使ってセットして見ましょう!

それではやり方を紹介します。今回は前髪が直毛で流れづらいモデルさんに協力してもらいました。

ヘアアイロンを使って可愛い前髪を作る手順

①前髪を内側と外側の2つに分けとる

まずは写真のように前髪を2つに分けます。

だいたい同じくらいの分量で、内側と外側に分けていきます。

②内側にカールをつけていく

まずは内側の部分からカールをつけていきます。

内側の前髪を3つに分けます。だいたい同じくらいの分量に分けたら、最初に流し初めの部分から巻いていきます。今回は左に流すので①の部分が流し始めの部分になります。

この部分は全体の中で、一番しっかり目にカールをつけます。

この時に流す事を意識しすぎて、右や左にひっぱりながらカールをつけると失敗しやすいです。真下に向かってカールを付けると自然なカールが付けられます。

ストレートアイロンでカールを作ることができるんです。むしろ前髪に関しては、慣れると操作しやすいストレートアイロンを推します。コツは手首を使ってアイロンを動かすこと。詳しくは下部の動画をご覧ください。

次に②と③を巻いていきます。カールの強さの目安は①>②>③です。③は軽く巻くくらいでオーケーです。

③外側の部分にカールをつけていく

内側の前髪が巻けたら次は外側の部分を巻いていきます。この時、より可愛く巻くコツがあります。

外側の前髪は少し持ち上げるようにして巻いていきます。そうする事によって表面にふんわりとしたボリュームが出ます。

④全体的に粗歯のクシでとかす

毛先にカールを付ける事が出来たらアイロンは完成です。粗歯のクシで流す方向に向かってとかします。

カールに強弱が付いていれば自然に流れてくれます。ストレートアイロンで作ったカールはコテ(カールアイロン)で作ったカールより、より自然な仕上がりになりますよ。

仕上がりはこんな感じです。作りこみすぎない自然なカール感になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少し練習して頂ければカンタンに出来るようになると思いますよ~!慣れれば3分以内に可愛い前髪が作れます。忙しい朝にもぴったりですね。

ぜひぜひ、このやり方を覚えてやってみて頂ければと思います。

前髪の巻きかたを動画で見てみる!

最後に、文章ではわかりづらかった…という方のために動画を用意しました。なるべくわかりやすく説明しました!ぜひご覧ください。

合わせて読みたい