髪をキレイにする情報

ブラシ型アイロンは痛むの?使用感を美容師がレビューします!

毎日のお手入れでクセにお悩みのかたへ!アイロンやブローなどでお手入れをしている方へぜひ知って頂きたいのがブラシ型のアイロンです。

ブラシの形をしているのですが熱が出る仕組みになっているため、ブラシを通すだけでクセを伸ばしたり髪にツヤを出す事ができるというアイテムです!

アイロンを使い慣れていて全く問題なく使えるという方には不要かもしれません。でも!使い方が難しくて、なんとなくアイロンを避けているという方には強い味方となってくれるはずです。

ブラシ型のアイロンをオススメしたい方
  1. アイロンに不慣れな方
  2. アイロンを使いたいけどヤケドが怖い方
  3. 手軽にクセを伸ばしたい方

今回はブラシ型アイロンを実際使ってみてわかったメリット。そして髪は痛まないのか?についてご紹介します。

ブラシ型アイロンとは?

様々なメーカーから出ているブラシ型アイロンですが、その構造はどれも概ね同じです。

こちらの写真をご覧ください。

黒い部分がブラシ部分。サーモンピンクの部分が熱を発するアイロン部分になっています。

基本的に黒い部分が全体を覆っているため、表面を触れる程度であればどこを触っても熱くはありません。

アイロンを使っていて耳や首をやけどしてしまった…なんて経験はありませんか?このブラシ型のアイロンだとそんな心配はなくなります。そういった安全面においては大きなメリットがあると言えますね。

使い方は通常のブラシのように髪に当ててとかすだけです。表面からとかしても、内側からとかしてもOKです。髪に熱が伝わりクセを伸ばす事ができます。

ブラシ型アイロンを使うメリット

ヤケドの心配がない

先ほどもお伝えしましたが、これは大きなメリットですね!熱を発するサーモ部分がブラシ部分よりも内側にあるため、不意に耳や首に当たってしまってもヤケドをする心配はありません。

忙しい朝にヤケドの痛みで目がさめる!なんて事がなくなります。

アイロンよりも安心して使うことができます。

サッと通すだけで髪にツヤが出るから、時短になる

アイロンはなんとなく使い方が難しそう。そんな方でもいつものブラシのように扱えるため、気軽に使用できるのではないでしょうか。

サッと通すだけで髪にツヤがでます。時間的にも早くセットできるので、忙しい朝にもピッタリです。

アイロンより取り回しが良い

取り出して温めてサッと使えます。

ブラシでとかす要領と同じなので、新たにやり方を覚える必要もありません。手軽に使えるのが良いところです。

ブラシ型アイロンは髪が痛まないの?

Rukaさん
Rukaさん
とても便利なアイテムですが、注意しなければいけないこともあります。
ブラシ型とはいえ、高い温度を髪に当てるという点はアイロンと変わりません。使いやすい為、ついつい何度も髪をとかしてしまいがちですが、熱を当てすぎると髪は痛みます。

同じ場所は何度も通さず、2回ほど通すのを上限として全体的にとかしていきましょう。ブラシ型のアイロンは痛むなんて意見もありますが、使い方が間違っている場合が多いです。適切な使い方をして髪をいたわってあげましょう!

ブラシ型アイロンのまとめ

ブラシ型アイロンは手軽に使うことができるので忙しい朝にピッタリのアイテムです。

アイロンの使い方が難しいと敬遠している方にも安心して使っていただけると思います。

アイロンやコテを使っていて耳や首をヤケドしてしまった方も少なくないと思います。ブラシ型アイロンはそんなヤケドの心配もありません。

オススメです。

というわけで今日はここまで。

渡辺タカシでした。

合わせて読みたい