髪をキレイにする情報

【塩基性カラー】とは?美容師が教えるそのメリットとデメリット

塩基性カラーとは現在ポピュラーになっているカラートリートメントの正式名称です。ヘアカラーに使用する薬剤はアルカリカラーのような永久染毛剤とヘアマニュキュアやカラートリートメントに代表される半永久染毛剤にグループ分けられます。

今回は塩基性カラーについてわかりやすく説明させて頂きます。

塩基性カラーは塩基性染料とHC染料でつくられている

塩基性カラーは「塩基性染料」と「HC染料」を組み合わせて作られています。大まかに説明すると、分子量が大きいため、髪の内部に浸透せず髪の表面でイオン結合することにより発色させるカラーです。

アルカリカラーの弱点でもあるジアミンによるかぶれのリスクや、アルカリ剤によるダメージの心配がほぼなくなる点においてはカラー剤選びで有効な選択肢にはなると思います。

塩基性染料

分子の大きさが大きく髪の内部に浸透しません。髪の表面にイオン結合して発色します。塩基性染料は色味の幅が少ないです。HC染料に比べると色落ちしにくいのも特徴。

HC染料

色素剤。分子の大きさが小さく髪の表面のキューティクルの隙間から浸透します。アルカリカラーはキューティクルを開きながら内側に入るので、後々のダメージが気になりますが、キューティクルを開かずに内側で発色します。分子が小さい為塩基性染料に比べると色落ちが早いのが特徴です。

塩基性染料だけでは色味の幅がかなり少ない為、HC染料を組み合わせることにより色味の幅を広げています。またHC染料だけでは色の抜けがかなり早い為塩基性染料で色持ちを良くしているんです。塩基性カラーを作る上でお互いに補完しあった関係と言えますね。

ヘアマニキュアやカラーシャンプー、カラーバターなどにも入っていて色味を表現する為に補助的に配合されています。

様々なカラー剤との違い

ここまで説明させて頂いた中で、【アルカリカラー】や【ヘアマニキュア】などのカラー剤の名前が出てきました。塩基性カラーとの違いをお話ししていきます。

それから、カラーバターとカラートリートメントの違いについてもよく質問されますのでお答えしたいと思います。

様々なカラーの種類や特徴を表にまとめました。

医薬部外品 化粧品
薬事法分類 永久染毛剤 脱色剤 半永久染毛剤
一般名称 アルカリカラー

中性カラー

パウダーブリーチ

ライトナー

ヘアマニキュア 塩基性カラー
染料分類 酸化染料 酸性染料 塩基性染料

HC染料

染料原理 酸化重合 酸化脱色

メラニン色素

毛髪タンパクとのイオン結合
色持ち期間 1~3か月 永久 3~4週間 1~3週間
特徴 〇1剤と2剤で構成されている。

〇メラニン色素を分解して脱色する。

〇アルカリカラーは明るくする事と色を染めることを同時にすることができる。

〇脱色剤は毛髪のメラニン色素を分解して明るくする。

〇ブリーチに含まれる過硫酸塩はメラニンの分解をより促進する作用がある。

〇毛髪タンパクとのイオン結合で染色される。

〇酸性染料はマイナスイオンを持っている。

〇2001年の規制緩和後に使用できるようになった。

〇塩基性染料はプラスイオンを持っている。

アルカリカラーと塩基性カラーの違い

アルカリカラーはアルカリ剤と染料を混ぜて塗っていきます。髪についた後の作用はキューティクルを開いてそこから染料を内部に浸透させていきます。

塩基性カラーとの違いは
  • 髪を明るくすることができる
  • 発色する色味の幅が広い
  • 塩基性カラーより色持ちが良い
  • 白髪を染める事ができる
  • ジアミンでかぶれる事がある
  • 髪に対してダメージがある

このような違いがあります。発色させる方法が違う為、同じカラー剤といはいえ全く異なるカラーと言えます。基本的にカラーをするという事を全般的に行う上では、汎用性の高いアルカリカラーに軍配が上がります。

ヘアマニキュアと塩基性カラーの違い

この2つは似ているようでかなり違う性質を持っています。ヘアマニキュアは酸性染毛剤というグループのカラーです。先程、塩基性カラーはイオン結合でくっつくと説明しましたが、ヘアマニキュアもそれは同じです。ただ、塩基性カラーがプラスの電子(イオン)を持っているのに対して、ヘアマニキュアはマイナスの電子(イオン)を持っているんです。

オオカミくん
オオカミくん
話が難しくなってきたなー
Rukaさん
Rukaさん
簡単に説明します

ずばり!塩基性カラーがダメージを持った髪にくっつきやすいのに対し、ヘアマニキュアは新しく生えた髪やダメージがない健康髪にくっつきやすいという違いがあるんです。

新しく生えてきた白髪を染めるにはヘアマニキュアが有効だということがわかりますね。

塩基性カラーは既にカラーをしている毛先に使ったり、ブリーチなどをした髪に使うことにより、発色が良くなる性質があります。

カラーバターとカラートリートメントの違い

これはメーカー側がつけた名称の違いという言い方が正しいと思います。作っているメーカーが違う為、配合されている染料の分量などに違いはあると思いますが、染まり方やその性質などはほぼ同じ物が多いです。

塩基性カラーのメリット、デメリット

良い部分と悪い部分はどんなカラーにもあります。それを見極めて選んでいく必要があります。

塩基性カラーのメリット

  • 染め上がりまでの時間が短い
  • アルカリカラーでできないビビットな色味も表現可能
  • 気軽に染められる為、家でも出来る
  • ダメージがほとんどない
  • ジアミンフリー

塩基性カラーのデメリット

  • ダメージのある状態の髪にしか染まらない(健康毛には染まらない)
  • 色持ちが短い(およそ2週間くらい)
  • 白髪にはほとんど染まらない
  • 塩基性カラーで染めた後の、カラーチェンジが容易にしづらい

まとめ

今回は数あるカラーの中から塩基性カラーについてお話しさせて頂きました。様々なご要望を叶える為にも有効なカラーだと思います。

個人的には、通常のアルカリカラーに比べると染まりの安定感や持続性にかける為、全体染めで使用するよりも、毛先や部分的な使用で塩基性カラーの強みが生かせると考えます。

ぜひお試しください。

今日はここまで。

渡辺タカシでした。

合わせて読みたい