髪をキレイにする情報

【前髪が割れやすい方必見!】簡単!割れない乾かし方のコツ

生えグセなどで前髪がいつもわれてしまう!という方、いらっしゃいますよね?今回はそんな方にオススメの乾かし方をご紹介します。

重要な事
  • お風呂あがりにドライヤーを使ってしっかり乾かす事
  • 簡単なちょっとしたテクニックを使って乾かす事

これができれば明日から割れづらい前髪で快適にお過ごしいただけるかと思います。

お風呂あがりに髪をすぐに乾かす理由は?

髪は濡れている状態から乾いていく時にもっともクセをつけやすいです。逆にいうと、つけたくないクセがついてしまう!なんて事もあります。

根元から毛先までしっかり濡れているお風呂あがりの状態は、生えグセに負けないように乾かす絶好の機会なんです。

ちなみに、朝寝ぐせを直すときは髪の毛だけ少し濡らすよりも根元からしっかり濡らしたほうが、よりしっかりとクセを直すことができますよ。

やってはいけない事

生えグセなどで前髪が割れやすい場合、タオルで髪を巻いたままにしてしまったり、自然乾燥をしてしまうのはNGです。

あとからドライヤーをかけても直すことはできません。

根元から毛先まで濡れている状態から乾かす事が割れにくい前髪にするコツです。

オオカミくん
オオカミくん
やってはいけない事ってあるの?
Rukaさん
Rukaさん
あ風呂上りにやってしまいがちで注意したい事はこちらです。
  • タオルでターバンをしたままにしてしまう。
  • 自然乾燥で前髪が乾いてしまう。

そのまま乾いてしまうとクセをきれいにする事ができなくなります。

乾かし方で大切な事は?

1番最初に髪の量が多い後ろから乾かすことをオススメしています。

髪を乾かすときにお顔側から風を当てて後ろに向かって乾かしていませんか?実はそれって間違った乾かし方なんです。ボリュームがですぎてしまったり、毛先がはねやすくなったりします。

ドライヤーの風を後ろから当てて、お顔側に向かって乾かすことが重要!

根元が乾くまで一度全部お顔側に向かって乾かすことにより、ボブスタイルなどは内巻きになりやすくなります。また、ボリュームを抑える事もできるため広がりやすい方にもオススメしたい乾かし方です。

前髪の癖が気になる方にやってほしい2つのポイント

ずばり、まず前髪から乾かしてください。後ろからではなくとにかく前髪から乾かしましょう。その時、左右交互にドライヤーを当てていきます。

左右どちらから始めても良いですが、前髪を右へ向かって乾かしたら、次に左へ…これを乾くまで繰り返します。

ドライヤーを持っていない手で指の間を使い、髪を挟みながら軽く髪をひっぱりながら乾かすとクセを伸ばすことができます。

そのまま根元が完全に乾くまで繰り返すと、生えグセが強くでない状態になりますよ!

前髪が乾いたら、後ろから全体を乾かしていきます。

  1. 前髪から乾かすこと。
  2. 左右に優しくひっぱりながら乾かすこと。

この2点に注意しながら乾かしてみてくださいね。

前髪の割れはカットで改善できる事も!?

うすめに作った前髪の方は生えグセの影響を受けやすいため、あえて量を多めに深めにとった前髪にする事で割れを緩和することができます。

厚めの前髪はイヤ!という方もいらっしゃいますよね?そんな方でも毛先を中心に毛量調節することで軽めに見せる事が可能です。

美容師さんに相談してみると最適な提案をしてくれると思います。

まとめ

割れにくい前髪の乾かし方のポイントをおさらいします。

最も重要なこと

お風呂上りになるべく早く髪を乾かす。前髪から乾かすのが良い!

前髪の乾かし方にはコツがあります。

前髪を乾かす際のコツ

ドライヤーの風を左右から順に当てて乾かす。この時、ドライヤーを持っていない手の指の間で髪を挟みながら、少しだけ引っ張って乾かすのがコツ。

少しのコツで朝のラクさが断然違いますよ。ぜひお試しください!

というわけで今日はここまで。

渡辺タカシでした。

 

合わせて読みたい