髪をキレイにする情報

アイロンで髪が傷む原因。正しい使い方でダメージから髪を守ろう。

毎日のヘアケアでアイロンを使用する方は多いと思います。クセをまっすぐにしたり、前髪に少しカールをつけたり、パサついて広がる髪を抑えるために…そんな使い方が多いですよね。

アイロンを使用する際に、きっと痛むんだろうなと感じながら使っている方はいませんか?当記事ではアイロンが痛む原因と対策を知っていただき、毎日のアイロンで髪のコンディションを落とさない方法をお伝えします。

アイロンが髪を痛めてしまう理由

髪の熱変性を起こす

アイロンは高い温度を髪に伝えて形を変えます。髪が熱によって形を変える性質を利用しています。髪はタンパク質でできているので、高温で温められると熱変性という変化を起こします。この熱変性が髪のダメージになるんです。

熱変性が起きた髪は硬くなり、枝毛や切れ毛が起こりやすくなります。

髪の耐熱温度は150度

髪は乾いている状態の耐熱温度が約150度と言われています。これを超える温度を長時間吸収すると髪の構造自体が壊れていってしまうんですね。

アイロンのダメージの原因はこの耐熱温度を超えるレベルの熱を使うことにあります。 

ヘアビューロン4Dplusで実験をしたら使うメリットしかないとわかった話こんにちは! 今回行った検証は、ヘアアイロンを髪に10分間当て続けたら髪はいったいどうなってしまうのかという検証です。 ...

正しいアイロンの使い方

まず設定温度ですが、140度くらいがダメージが少なくて安全です。ただ、クセが強かったりすると低温でアイロンを通しても思い通りに形がつかないことがあります。そういった場合は160度もしくは180度の設定で使用します。高温のアイロンを使う際に気をつけて頂きたい事があります。

何度も同じ場所に繰り返し当てない事

高温で当ててもスッと通すだけであれば設定した温度が髪に伝わりきる前に冷めて行くので良いのですが、何度も繰り返し当てる事で熱が伝わりすぎてしまいダメージの原因になります。

アイロンを途中で止めない事

アイロンは髪に当てたら常に動いているようにする方が良いです。当てたまま止めてしまうと髪に熱が伝わりすぎてしまいます。

根元近くに挟んだら毛先まで一定のスピードです動かして行きましょう。

 髪が濡れている時にアイロンを通すのはNG

濡れている髪にアイロンを通すと水蒸気が出ます。髪についている水分が一気に蒸発するからです。髪の内部では水蒸気爆発という現象が起こります。水を鍋などで沸騰させると水面がボコボコと気泡をあげますよね?そのような現象が髪内部で起こるため、キューティクルが損傷したり枝毛や切れ毛が起こります。

復元ドライヤーを使って美容師が感じたメリットとデメリット徹底解説毎日のお手入れでの必須アイテム、ドライヤー。これがないとキレイに髪が乾きません。 突然ですが、復元ドライヤーって聞いたことあります...

髪のダメージから守る方法

事前にトリートメントをつける

熱から髪を守ってくれるアウトバストリートメントをつけましょう。濡れている髪につけてドライヤーで乾かした後にアイロンを入れるのがベストです。朝アイロンを入れる方は毛先を中心にもう一度アウトバストリートメントをつけましょう。トリートメントの水気が残る場合はドライヤーで水気を飛ばしてからアイロンをいれるのが良いです。

アウトバストリートメントで髪の痛みは改善されるのか。その特徴は?こんにちは。 今回は、アウトバストリートメントについての記事です。 結論から言いますとアウトバストリートメントで髪の痛みは改...

ブラッシングしてからアイロンを通す

絡んだ髪に無理やりアイロンを通すのも髪に良くないやり方です。まずは根本から毛先までブラッシングで絡みをとってアイロンを通しましょう。アイロンの効果が増してよりツヤ感が出るのオススメです。

アイロンまとめ

アイロンのダメージの原因とその対策を簡単にまとめます。

  • アイロンが髪を痛めてしまう原因は髪の耐熱温度である150度を超える熱を与えてしまう可能性があるから。
  • 髪が熱変性を起こすと髪が硬くなったり切れ毛や枝毛の原因になる。
  • アイロンはできるだけ低温で使うこと。オススメは140度。
  • それ以上の温度で当てる場合は、何度も同じ場所に当てない事と、髪に当てたら毛先まで動かすようにする事。
  • アイロン前にアウトバストリートメントを使って髪を守ることが大切です。
  • ブラッシングして絡みをとってからアイロンをいれましょう。

アイロンのダメージの原因とその対策でした。髪に優しく効果的な使い方をして、ステキなヘアスタイルでお過ごしください。

というわけで今日はここまで。

渡辺タカシでした。

髪の痛み(ダメージ)の原因は3つ。それを知れば髪は美しくなる。こんにちは。 毎日の生活の中で、なぜか髪が傷んでしまう。そんなに悪いことをしているつもりはないのに! っていう事ってあります...
合わせて読みたい