髪をキレイにする情報

抜け毛のお悩みを解消する!プロが教えるシャンプーの方法

40代以上の4人に1人が抜け毛のお悩みを抱えていると言われています。そんな抜け毛のお悩みを自分の力で解消できるとしたらとても素晴らしい事ですよね?

今回は抜け毛を抑えながら生えてきたばかりの髪を守る事によって、育毛をしていく方法を紹介します。

こんな方に読んで欲しいです
  • 抜け毛が気になっている方。
  • 最近髪のボリュームがなくなったと感じる方。
  • 髪が細くなってきたと感じる方。

今回キーとなるのは…

  • 優しいシャンプーの仕方と、効果的なマッサージシャンプーのやり方
  • シャンプー後のタオルドライの仕方
  • ドライヤーを使った乾かし方

この3つのやり方を変えて、それを継続していく事により抜け毛を抑えて新たな髪を生えやすくなる環境を作ることができます。 

すべては頭皮を血流が良い状態にすることが目的です。

Rukaさん
Rukaさん
頭頂部や生え際の髪が薄くなり安いのは、血流の影響があるの
オオカミくん
オオカミくん
血流が良いといわれる首から近い部分は、髪が多くて太いもんね

抜け毛が気になる方のシャンプーの極意

まずイメージして欲しいです。髪はターンオーバーといわれるサイクルがあり、抜けた後にまた新しい髪が生えます。ただ生えたばかりの髪はまだ柔らかくデリケートな状態です。そんな髪の毛を大切にするために、あなたはどういう洗い方をしますか?

一言で言えば優しく洗う。

これが大切です。なんだよそれって思いましたか?

それでは具体的にそのプロセスを解説します。

①まずはすすぎから

すすぎをゴシゴシと豪快にしていませんか?知らぬ間に髪が引っ張られて抜け毛の原因になっていることもあります。指の腹を使って頭皮を動かしながらすすぎましょう。けっして髪をこするのではなく頭皮を動かす事が大切です。すすぎの時間はショートの方で2分くらい、ロングの方は3分から4分、十分にすすぎましょう。

Rukaさん
Rukaさん
最初のすすぎで髪についたホコリをしっかりと落とすのよ

②シャンプーは泡だてが重要です

しっかりとした泡だてをするためにまずは500円ほどの大きさになるようにシャンプーを手のひらに出します。その後両手で擦り合わせて軽く泡だててから頭皮と髪につけていきます。

Rukaさん
Rukaさん
まずは手のひらで軽く泡立てる事が大切。ボトルから直接髪につけるのはNGよ

③シャンプーは2回しましょう

1度目のシャンプーは皮脂やホコリをとるため。2度目のシャンプーはマッサージメインで行います。シャンプーで洗う際も指の腹を使って優しく洗うことを心がけましょう。決して爪を立てて洗ってはいけません。

洗う場所は後頭部からサイド、最後に頭頂部に向かって下から上へ洗います。

 1度目のシャンプーが終わったら軽くすすぎます。少しくらい泡が残っていても問題ありません。

2度目のシャンプーはマッサージがメインになります。

https://www.takashiwatanabe.jp/syanpoo/information/

ノンシリコンシャンプーって実際どうなの?そのメリットとデメリットは?こんにちは! 突然ですが、ノンシリコンシャンプーってご存知ですか? ノンシリコンシャンプーといえば、皆さんどのような...

④マッサージシャンプーをしましょう。

頭皮は血流が悪くなりやすい部分です。特に頭頂部に行けばいくほど血流が悪くなります。ご自身の頭皮を動かして見てください。

首に近い後頭部よりもつむじ周りの頭皮の方が硬くないですか?

この頭皮の硬さも血流が関係しています。柔らかく弾力がある頭皮は健康な状態。逆に硬い頭皮は抜け毛のリスクが高まっているんです。

オオカミくん
オオカミくん
はやくマッサージの仕方をおしえてくれー

マッサージは血流が良い部分から悪い部分に流すようにしていきます。頭の場合は後頭部からハチの方に上がりつむじ周りへ流すような感覚で頭皮を動かしていきます。

髪をこするのではなく、小さな円を描くように頭皮をしっかり動かしながら徐々に上に上がっていきます。

最後に頭頂部を手の指全体で上から大きくつまむようにマッサージします。

生え際の薄毛がきになる方は生え際のマッサージをしましょう。人差し指と中指で生え際を抑えて円を描くように頭皮を動かします。

Rukaさん
Rukaさん
マッサージは3分から5分ほど時間をかけると効果的よ

⑤シャンプー後のすすぎも優しく丁寧に

最初のすすぎよりもより丁寧に行います。泡が落ちたと思ってから、もう一度すすぐくらいでちょうど良いです。ショートの方でも3分以上のすすぎをオススメします。

⑥タオルドライもとても重要

タオルで髪の水気をふくときどのようにやっていますか?おそらく髪全体をこするようにガシガシとこする方が多いと思います。

これは生まれたばかりの髪には大きな負担になっています。なるべくこすらないように優しく水分を取ってください。

オオカミくん
オオカミくん
なるほど、とにかく髪に負担をかけない事を意識する事が大切なんだな

⑦ドライヤーで必ず乾かしましょう、乾かし方の説明。

ドライヤーで乾かす時も、とにかく優しくする事が大切です。ガシガシと髪を引っ張るような乾かし方はNGです。

風邪を送り込みながら髪に優しく触れながら乾かします。

https://www.takashiwatanabe.jp/ru-ka-4/information/

抜け毛から髪を守るシャンプーの仕方のまとめ

ポイントは5つです。

  1. すすぎは優しく、髪を引っ張らず指の腹を使いましょう。2分以上すすぐ事。
  2. シャンプーは2回行いましょう。1度目のシャンプーの手の動きは後頭部からサイド、頭頂部へ。下から上に向かっていく。指の腹を使って優しく洗う事が大切です。
  3. 2度目のシャンプーはマッサージを中心に。血流を後頭部とサイドから頭頂部へ流すようなイメージで。こするようにマッサージせず、頭皮が動いていることを意識しながらやっていくと良いです。
  4. タオルドライも重要!ガシガシと髪と頭皮をこするように動かさないようにして下さい。頭皮を動かすように優しいタッチで水分を取っていきます。
  5. ドライヤーを使い必ず乾かしましょう。髪を引っ張らずにソフトタッチで乾かしていく事が大事です。

すぐに結果が出なくても続けていく事がなにより大切です。髪のサイクルは年単位なので、1週間やひと月で目に見えて変わっていくものではありません。

根気よく継続して、少しでもお悩みが改善される事を願っています。

今日はここまで。

渡辺タカシでした。

 

合わせて読みたい