髪をキレイにする情報

HC染料とは?その役割や安全性について美容師がわかりやすく解説します。

HC染料は染毛料の種類の1つです。永久染毛剤のアルカリカラーに対して、半永久染毛剤のヘアカラートリートメントなどに使用されています。

使用され始めたのは比較的最近で、2001 年から化粧品への配合が認められるようになりました。カラートリートメントやカラーシャンプーの成分表にHC青○号やHC黄色○号などと書かれています。ちなみにHCはHair Colorの略です。

HC染料の特徴

分子の大きさが小さいため、髪表面のキューティクルの隙間から入り込んで定着する染料です。その為、染色の際に髪に与えるダメージはありませんが吸着力が弱く単品ではすぐに色落ちしてしまいます。

アルカリカラーはキューティクルを広げて髪の内部に浸透。その後、酸化重合することにより入った時より大きくなり、髪から出づらくなります。キューティクルを開く作用がダメージの原因と言われています。

HCカラー単品では色持ちの面でとても非力な為、基本的には塩基性染料と組み合わせて使われることが多いです。

HC染料は色味の幅が広いのが特徴で、ビビットなカラーなどもHC染料で表現可能です。ただし、髪色を明るくする効果はないので黒髪に染めてもほとんど変化は見られません。

HC染料の安全性は?

アレルギーや頭皮への刺激は絶対ありません。というわけではありませんが、ジアミンの入ったアルカリカラーなどに比べると安心してご使用いただけます。pHは中性~弱アルカリ性なので、お肌(弱酸性)に対しては若干の刺激になる事があります。

数ある合成染料の中で、刺激の少ない染料と言われています。

HC染料の良い部分、悪い部分まとめ

Rukaさん
Rukaさん
メリット、デメリットを3つほどあげてみます

HC染料の良い部分

  1. 髪に対してのダメージがない
  2. 合成染料の中で安全性が高い
  3. 色の幅が広く、原色系のカラーなども表現できる

アルカリカラーは髪へのダメージが懸念されますが、HC染料は髪への負担が少ないといえます。また、カラーシャンプーに含まれている事が多いですが、頭皮についてしまった際も比較的安全性の高い染料です。原色系のカラーなどビビットな色にする事ができるのが大きな特徴です。

HC染料の悪い部分

  1. イオン結合などをしないため、色持ちが悪い
  2. 髪を明るくすることはできない

プラスにもマイナスにも帯電していないため、髪とイオン結合をすることがありません。その為、髪の内部に入ってもすぐに出てきてしまいます。それから、メラニン色素を分解する作用はないので髪を明るくすることは出来ません。

HC染料について、まとめ

HC染料は単品だと働きは弱いですが、優秀なサポーターです。カラートリートメントやカラーシャンプーに使用されている事がとても多くいまや必要不可欠な存在と言えます。

というわけで今日はここまで。

渡辺タカシでした。

 

 

合わせて読みたい