髪をキレイにする情報

白髪の原因はメラニンの減少にあり!?頭皮を活性化させると白髪は減るのか。

日本人の髪が黒い理由。それはメラニンという色素が関係しています。そして、メラニンは白髪とも深く関わりがあるんです。

本記事では髪のメラニンについて、そしてそこから見えてくる白髪への対策について書いていきます。

髪のメラニン色素とは

メラニン色素は2つの種類がある

メラニン色素といっても2つの種類があります。

  • エウ(ユー)メラニン(黒褐色)
  • フィオメラニン(橙赤色)

それぞれ色の違うメラニンです。日本人の髪は黒色のエウ(ユー)メラニンが多く含まれています。対して、海外の方に多い赤色の髪はフィオメラニンが多く含まれていて、ブロンドの髪はメラニン自体が少ないです。

メラニン色素の役割は

メラニンはお肌にも含まれていて、その重要な役割は肌や髪を紫外線から守ることです。

Rukaさん
Rukaさん
メラニンが少ないと紫外線に弱くなって、髪やお肌にダメージを受けてしまうわ

カラーとメラニンの関係性

ヘアカラーはこのメラニンを壊すことにより、髪を明るくします。ブリーチは、より強力にメラニンを破壊する力があるため、一気に髪を明るくすることができるんです。

洋服を漂白するするような感覚ですね。ただ、メラニンはしっかりと髪にくっついているため一度のブリーチでは真っ白にはなりません。何度か繰り返すことにより多くのメラニンが無くなっていき白に近づきます。

Rukaさん
Rukaさん
ブリーチはその特性上、髪に与えるダメージも大きいから使い方には注意が必要よ

髪のメラニンはどこで作られる?

メラニンは毛母細胞の中のメラノサイトという場所で作られています。

白髪とメラニンの関係性

メラノサイトが活動をやめてしまうことにより、メラニンが生成されなくなり白髪が出てしまいます。

メラノサイトの活動の低下に関しては、年齢や遺伝が主な原因と言われています。

白髪の発生を抑えるための方法

メラノサイトの活動について着目してみました。これまで多くのお客様の髪を見てきました。その中で白髪の出始めに傾向がある事に気がつきました。

白髪がまとまって多く出ている場所があるんです。それは…

  • もみあげ
  • 顔まわり
  • つむじ周りなどの表面

逆に後頭部に白髪が多い方は少ないんです。これって、抜け毛や薄毛になりやすい場所に非常に似ているんですよね。

事実、白髪や抜け毛の原因の1つに血流が関係している事が定説になっています。後頭部は首に近く、比較的血流が良いのに対して、つむじ周りなどは血流が悪くなりやすい場所なんです。

血流を良くして新陳代謝を促すことが重要だと言えます。

まずはシャンプーのやり方を変えてみよう

頭皮をしっかり触る機会ってシャンプー以外ではほとんどないと思います。シャンプーの際にマッサージをする事により血流をよくする事ができます。

お風呂あがりに改めてマッサージをするのもとても良いですが、正直面倒ではないですか?シャンプーの時に洗いとマッサージを同時に行う事により、効率よく毎日のケアができます。

詳しくはこちらの記事に書きましたのでご覧ください。

抜け毛のお悩みを解消する!プロが教えるシャンプーの方法40代以上の4人に1人が抜け毛のお悩みを抱えていると言われています。そんな抜け毛のお悩みを自分の力で解消できるとしたらとても素晴らしい事...

まとめ

Rukaさん
Rukaさん
本記事の内容を簡単にまとめます。
  • 髪の色はメラニンの種類や量によって決まる。
  • メラニンは毛母細胞にあるメラノサイトで生成される。
  • メラノサイトの活動が弱まる原因は年齢や遺伝によるものがある。
  • 白髪の生え始めは血流の悪い場所に集中する事が多い。
  • メラノサイトの活動を促すために血流を良くする事が大切。
  • シャンプーの際にマッサージをして頭皮の血流を良くしましょう。
  • マッサージは抜け毛や薄毛にも効果が期待できます。

最近気になり始めたという方は特にやってみる価値がありますよ。

というわけで今日はここまで。

渡辺タカシでした。

合わせて読みたい