髪をキレイにする情報

ストレートパーマと縮毛矯正は何が違うのか、プロが説明します。

こんにちは。

美容室にはストレートパーマ縮毛矯正のメニューがあります。いったい何が違うのかご存知ですか?それぞれには実は大きな違いがあるんです。その解説をしていきます。

 

ストレートパーマとは

ストレートパーマは薬剤の力だけを使って髪をまっすぐにします。髪にカールをつけるパーマってありますよね。真っ直ぐにするバージョンです。

一昔前は下敷きのようなプレートに薬剤を塗った髪をくっつけていくやり方が主流でした。ご存知の方もいらっしゃるんではないでしょうか?

ストレートパーマはどんな時にやるのか。

縮毛矯正と違い、髪のクセをしっかりとまっすぐにする程のパワーありません。現在はクセをストレートにする際は縮毛矯正をする事が多いため、ストレートパーマの出番はパーマがかかった髪のカールをおとすために行う事が多いです。

縮毛矯正とは

縮毛矯正は薬剤の力+熱の力によって髪をストレートにします。

アイロンでまっすぐに伸ばす。という作業をしているのはご存知の方も多いと思います。髪は熱によって形を変えるため、この作用を利用しています。

縮毛矯正はどんな時にやるのか

クセが原因で広がってしまったり、スタイリングが難しい際にとても効果的です。クセによるカールを真っ直ぐにする事ができます。適正なやり方で行う事により、1度矯正をした部分は半永久的にまっすぐになります。

ストレートパーマと縮毛矯正の違いについて

ストレートパーマは優しくて、縮毛矯正は傷みそう…そんなイメージはありませんか?

そんな事はありません。

縮毛矯正も薬剤の選定やアイロンの温度や当て方が適正であれば著しく髪を痛めてしまう事はないです。縮毛矯正で傷んでしまった…という経験がある方はそのどちらかがうまく行われなかった可能性があります。

ストレートパーマと縮毛矯正の違いは熱処理を行うかどうかです。クセを伸ばしたいのか、以前にかけたパーマ部分を伸ばしたいのか。そこでどちらを行うか判断します。

どちらもホームケアが大切です。

どちらもかけた後のホームケアがかなり重要になってきます。

ホームケアで1番大切なことは、シャンプー後にしっかり乾かすことです。

乾かす習慣がないと、だんだんと毛先がゴワゴワになります。結果的に手触りが悪くなったり枝毛や切れ毛の原因に…

https://www.takashiwatanabe.jp/ru-ka-4/information/

枝毛になりやすい5つの生活習慣と原因、美容師が教える枝毛をなくす方法こんにちは。 こんな経験ありませんか?? 髪は生えて来たその時から死んでしまっている細胞と言われています。お肌と違っ...

トリートメントをする事も重要ですが、まずはしっかりと乾かす事が大切です。

ストレートパーマと縮毛矯正についてのまとめ

どうしてもクセが気になってまっすぐにしたいという時は、迷わず縮毛矯正をお勧めします。

縮毛矯正はクセ毛が真っ直ぐになったり、ボリュームがダウンするというメリットがある反面、それがデメリットにもなる事もあります。

デメリットは、柔らかい質感のスタイルが作りづらかったり、ボリュームが欲しい部分にボリュームがだせないといった部分です。

特にショートのスタイルにおいてはボリュームのバランスはかなり重要な要素なので、本来であればショートスタイルと縮毛矯正の相性はあまり良くないといえます。

そんな時はお悩みの部分をピックアップして部分的にかけます。根本近くをあえてかけずになるべくボリュームがでるようにかける事もあります。

実はやり方は色々あるんですね。それから、技術面や薬剤の進歩により今は柔らかい質感のストレートができるようにもなってきました

こんな感じにしたい!というお求めのスタイルとお悩みに合わせて、うまく縮毛矯正を使っていくのが良いです。

毎朝のスタイリング時のストレスを緩和して、素敵なヘアスタイルでお過ごし頂きたいです。

というわけで今日はここまで!

渡辺タカシでした!

 

合わせて読みたい