髪をキレイにする情報

30代で白髪が気になり始めた方に!その原因と対策方法

白髪の出始めはその対応についてお悩みが増える事と思います。

本記事ではそんな白髪の知識を知って頂き、キレイでいて頂くための方法をお伝えする内容となっています。

白髪の生える原因については本記事で触れませんので、詳しく知りたい方はこちらの記事もお読みくださいね。

白髪の原因はメラニンの減少にあり!?頭皮を活性化させると白髪は減るのか。日本人の髪が黒い理由。それはメラニンという色素が関係しています。そして、メラニンは白髪とも深く関わりがあるんです。 本記事では髪の...

白髪について知ろう

白髪の生える平均年齢は男性の方が高かった!?

白髪でお悩みになるのは30代くらいから徐々にという声が多いです。

一般的に白髪が生え始める平均年齢は35歳くらいだと言われています。わずかですが、男性の方が女性より早く生え始めるという統計が出ています。

白髪の原因は4つ

原因を大きく分けると…

  • ストレス
  • 食生活
  • 病気
  • 遺伝

4つの中で遺伝以外の3つすべてに共通するキーワードが【血行】なんです。血流が悪くなることによって白髪が生えやすくなるんです。

白髪にまつわる良く聞かれる質問

質問が多いものを2つほどあげていきます。

A子さん
A子さん
わかめを食べると白髪がなくなるってほんと?

これは間違いです。わかめに含まれるミネラルは確かに髪に良い成分ではありますが、直接的に白髪がなくなるという根拠はありません。

B子さん
B子さん
白髪って抜くと増えるんでしょ?

増えることはありません。しかし、抜くことにより頭皮に対して強い刺激になります。それが原因で早い時期から髪が生えてこなくなる要因になるんです。白髪を抜きすぎて薄毛になってしまうという事も考えられます。

もしも抜くくらいなら、根本からはさみで切ってあげる方が頭皮に対して優しいです。

同じように見えて、実は白髪が生えやすい場所があった

白髪が出やすい場所は頭頂部と顔まわりの部分。逆に後頭部の首に近い場所は、比較的白髪になりづらいんです。

それには理由があるんです。頭の血管は首から伸びています。それが、後頭部と左右の側頭部に広がっています。こめかみ位の高さまでは太い血管ですが、そこから頭頂部にかけては細い毛細血管になります。

という事は、こめかみから上に場所は血流が悪くなりやすい場所という事ですね。そういった理由で白髪の生えやすい場所と生えずらい場所には違いが出てくるんです。

血流と白髪の関係性はとても深い事がわかりますね。

白髪に悩み始めた時に行うべき4つの対策

  1. 睡眠不足や食生活を改善する。
  2. なるべくストレスを溜めず、自分なりの発散方法を見つける。
  3. 血流を良くするためのマッサージを行う。
  4. ヘアカラーで白髪を染める。

1と2に関してはどこでも言われている事だと思いますのでここでは割愛します。ストレスに関しては病気の要因になったり血流を悪くさせる要因にもなっています。

本記事では3の血流を良くするためのマッサージについて。

4のヘアカラーについて詳しく書いていきます。

原因となる血流を良くするための方法

ご自身で行う中でもっとも手軽にできる方法は頭皮のマッサージを行う事です。首回りや耳上の側頭部から始めて、頭頂部に向かって流していくようなイメージでマッサージをするのが効果的です。

ちなみに薄毛や抜け毛の原因も血流と関わりがあります。マッサージのやり方など、こちらの記事にまとめましたのでぜひご覧ください。

抜け毛のお悩みを解消する!プロが教えるシャンプーの方法40代以上の4人に1人が抜け毛のお悩みを抱えていると言われています。そんな抜け毛のお悩みを自分の力で解消できるとしたらとても素晴らしい事...

美容室でのヘアカラー、知っていた方が良い事

白髪はカラーリングによって染める事が出来ます。ただ、ひとえにカラーリングといっても様々なカラーの種類がありそれぞれにメリットとデメリットがあります。

今回は代表的な3つのカラーについて特徴とメリットデメリットをまとめました。

3種類のカラーの特徴

カラーの種類 特徴
アルカリカラー 通常ヘアカラーというと、このアルカリカラーを指す。色味や明るさの自由度が高い。白髪染めは色持ちが良い。髪への負担と頭皮への刺激がある。
ヘアマニキュア 髪の表面に吸着するカラー。髪へのダメージがほぼない。頭皮に付けない塗り方なので頭皮への刺激もない。明るくする力はなく、色味をのせるだけなので、仕上がりの色の幅が少ないのと色落ちの速さがデメリット。
ヘナカラー オーガニックでダメージがない。髪にハリコシがでる。髪に色が吸着するまでに時間がかかるのがデメリット。
  • 様々な色味や明るさにしたい方はアルカリカラーを選択すると良いです。最近は白髪染めでも明るめにカラーする事が出来るため自由度が高く、髪色を楽しむことができます。
  • 頭皮が染みやすい方やアレルギーがある方はヘアマニュキュアがおススメです。頭皮につかない塗り方をする為、負担をかける心配がありません。マニキュアの特性上、髪が明るい部分や白髪の部分にしか色が入らない為、色の自由度はそこまで高くありません。
  • ヘナカラーは植物性で髪に優しいカラーです。100%ヘナで染める場合、染め上がりまでの時間がかなりかかります。色味の幅も少ないです。

【白髪について】すぐ読める、まとめ

Rukaさん
Rukaさん
それではまとめて行きましょう~♪
  • 白髪の生える平均年齢は35歳くらいと言われている。
  • 白髪が生える主な原因は、ストレス、食生活、病気、遺伝。
  • マッサージで血流を良くする事により、頭皮の環境を整える事ができる。
  • 白髪を染める事ができるカラーは大きく分けると3種類。それぞれにメリット、デメリットがある。

白髪の生え始めから、適切に対応していく事が大切です。手軽に購入できるカラー剤もありますが、ご自身で染めるカラーには大きなデメリットがあります。

カラーに関しては、キレイな髪を作るためにご自身にあったカラー剤で染めていくことをオススメします。

というわけで今日はここまで。

渡辺タカシでした。

合わせて読みたい